diary 200902 of ふんわりすと


ふんわりすとのボディワーク専門ブログ ふんわりすとへようこそ!のバックナンバーです。
ただいま のんびり 作業中です。

最新記事は、ふんわりすとへようこそ! にて、ご覧くださいね。

2009年2月

2009.02.12

2月のふんわりフレクソロジー 〔予定〕


こちらのブログは、かなり ごぶさたしてしまいました!
チェックしてくださっていた方々、ごめんなさい。

ここんとこ、クォンタム・タッチという 新しい分野のものを 学んだり、
リフレクとは 直接 関係ないこと(笑) を あれこれ やっていたり ・・・ でした。

とりいそぎ、2月後半の 空き日程の お知らせです。
こちら に、アップしています。


ただいま、ふんわりフレクソロジー 各コースを ご予約くださった方で
ご希望の方には、クォンタム・タッチのミニ施術を、モニターとして
無料体験していただいています。

ご興味のある方は、ご予約時に お問い合わせくださいね。


この季節、冷えや むくみが 気になる方には、
全身の血行が良くなるリフレクソロジー、特に おすすめです。


2009.02.18

オイルの選択 〔ふんわりすとのひとりごと〕


ふんわりフレクソロジーでは、
最後は ひざから下のオイルトリートメントで 仕上げます。

ただいま 3種類の香りのオイルを 揃えていて、
その中から1つを選ぶとき、最近は ペンデュラムを 使っています。


○○さんの いまの状態に 最適なオイルは どれですか?

最初は 興味半分で ペンデュラムを 使っていたのですが、
実際 そのオイルでの トリートメント後、
お客さまのお話を うかがってみると・・・

おもしろいほど、
その方の いまの状態に ぴったりのオイルが 選ばれているんです。

恐るべし、ペンデュラム。


あ、ご自分で選びたい方は、ご予約時に お申しつけくださいね。


2009.02.24

3月のふんわりフレクソロジー 〔予定〕


もうすぐ 春ですね♪

2月も 残り少なくなってまいりましたので、
3月の予定を アップしました。

ふんわりフレクソロジー ご予約状況 ⇒ こちら


ただいま、ふんわりフレクソロジー 各コースを ご予約の方には、
ご希望により、クォンタム・タッチのミニ施術を、モニターとして
無料体験していただいています。

クォンタムタッチそのものは ほんの短い時間の施術なのですが、
カラダの反応として 見える部分 (背中のコリが軽減した、など)
エネルギーの流れという 見えない部分 (感じやすくなる、など)
両面に 効果があるように 感じています。

お時間がある場合には、基本の調整から やらせていただいています。


まだまだ 試行錯誤中ですが、
ご興味のある方は、ご予約時に お問い合わせくださいね。

ご予約は、こちら から どうぞ。


もちろん、ふんわりバースディプレゼントも 実施中
3月生まれの方には、
ハンドリフレクソロジー
足裏のリフレクソロジー 10分 延長施術
どちらか、お好きなほうを プレゼントします。

10分延長施術は、お好きな箇所を ご指定いただくことも できます。

「ふくらはぎを 中心に オイルトリートメント」
「いま、こんな体調だから、それに対応する反射区を!」 などなど。

ご予約時に、 「ふんわりバースディプレゼント希望」と お伝えくださいね。
(どちらかを 選んでいただくのは、当日でも OKですよ)


2009.02.26

鼻水ストップ!? 〔Reflexology〕


そろそろ 花粉の舞を肌で感じる季節に なってきました。
ぐしゅん、ぐしゅん! が 始まっている方も いらっしゃるかと 思います。

花粉症に限らず、風邪や 鼻炎などでも、
鼻水が 止まらないとき、ありませんか?

そんなときは、指の先っぽ(てっぺんの部分です!)を
押したり、さすったりして、軽く 刺激してみては いかがでしょうか。

ココは、副鼻腔の反射区なんです。

お約束は できませんが (笑)
この反射区を刺激することで、症状が 軽くなるかもしれません !?


ちなみに、指から先の部分は、
体でいうと、首から上の部分の反射区です。

足だけでなく、手にも、
ほぼ同じような位置に 同じ器官の反射区が あります。

足の指先を さするのが 難しいときには・・・
(日常生活では、ほとんどの場合、難しいですね)
手の指先を 刺激してみてもいいでしょう。


ご自分で やるのが ごめんどうな方は、 ふんわりすと へ どうぞ♪


milk_btn_pagetop.png

milk_btn_prev.png

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|

milk_btn_next.png