diary 200905 of ふんわりすと


ふんわりすとのボディワーク専門ブログ ふんわりすとへようこそ!のバックナンバーです。
ただいま のんびり 作業中です。

最新記事は、ふんわりすとへようこそ! にて、ご覧くださいね。

2009年5月

2009.5.2

遠隔QT ~そら豆のように~ 〔QT〕


先日、また 別の お友達に、
クォンタム・タッチの遠隔を させていただく機会が ありました。

みなさま、ご協力 ありがとうございます。


今回は、予告どおり!?
エア・ホリスティック・マッサージ を 試させていただきました。

目の前に クライアントさんが 横たわっていると仮定して、
実際に 自分の手や身体を動かし、マッサージと同じ動作をしながら、
エネルギーを 送ってみました。

オイルも 3種類の中から その方に合うものを 選び、
手につけて。

傍から見たら、まさに 「あぶないひと」です (笑)


でも、私にとっては ホリスティック・マッサージの復習にもなり、
なによりも クライアントさんを 身近に感じることが できて、
すごく 良い感触でした。

今回のご要望は、
左胸(ハート)を開きたい
・身体全体の流れを 良くしたい
ということでしたので、エア・ホリスティック・マッサージの後は、
ハートチャクラを中心に エネルギーを流し、
最後に 全体に ざーっと 勢いよく流す、という手順で やってみました。


仮想マッサージをしている最中、胸のあたりに 手を当てていたときに、
ある言葉と、そら豆のイメージが 湧いてきました。

そ、そら豆!?
施術前に 新たまねぎとそら豆のスープを 食べたから・・・かしら?

が、次の瞬間、わかりました。

私が そら豆を調理しているときに受け取ったメッセージ、
そのお友達にも、みんなにも、言えることだったようです。


そして、もうひとつ。

ハートチャクラを 回転させながら エネルギーを送っている間、
私の右手に ぎくしゃくとした感触、違和感が 感じられました。

なんだろうな?と 思いながらも 続けていたら、
しばらくしたら、それは おさまりました。

なんだったのでしょう?


毎回 思いつくままに 違う試みをさせていただいていますが、
それがまた、すごく 楽しいです。

施術後、感想を 聴かせていただいたところ、
エア・ホリスティック・マッサージを、身体で感じられた、
とのこと。

おもしろいですね~


いただいたご感想は、また 明日 ご紹介させていただきます。
ありがとうございます。


2009.5.3

遠隔QTのご感想 3 〔お客様のお声〕


先日、クォンタム・タッチの遠隔を 体験してくださったお友達と、
交換セッションの すぐあとに、スカイプで お話することができました。

なので、そのとき 直接 聴かせていただいた、ご感想です。

「うん、うん」 と聴きながら、メモ帳に 打ち込んでいた私・・・(笑)


最初、実際には 身体に 手を触れられていないのに、
本当に触られている感じがして、すごく 気持ちよかった。

だんだん 温かくなってきて、
途中で 急に、身体の中心から まっすぐに 整ってきた。

それまで 右向きになっていたのが、
左向きに 力が引っ張られたような気ががした。

ハートチャクラが開いた感じがする。

受けている間中、
ネガティブなことがなにも考えられなかった。

思考に入りそうになっても、その瞬間に 引き戻されて
なにも考えられなかった。


・・・ と、こんな感じのことを 聴かせてくださいました~

ありがとうございました。


おもしろかったのが・・・

スタート時と終了後に 携帯メールにて お知らせをしているのですが、
最後、天井が バリバリっという音を立てたのだそうです。

それで、「あ、もう終わりなんだな」と思っていたら、
直後に 私からの 「終了しました」メールが 届いた、とのこと。

なにが 起こっていたのでしょうか?


さて、今回、私は
クリアにするヒーリング というのを していただきました。

いつものように、 横たわって受けていたら、
最初、胃腸のあたりに 軽い痛みを感じました。

その後、しばらくしてから、
ぶわぁっと 身体の芯から 温まってきて。

あぁ、いろんなことが つながっているんだなぁ・・・


なんて 思っていたら、
いつのまにか 眠ってしまっていました(笑)

なんかね、ひとことで言うと、
ドライクリーニングをしてもらったような感じでした。



今回のモニターさんは、nazuna ちゃん。

nazuna ちゃんは、銀粘土と天然石をモチーフにした、
世界でひとつだけの 個性あふれるアクセサリーを つくっていらっしゃいます。

デザインも 制作も すべて nazunaちゃんご自身の手によるもの。

それぞれの 作品には、
これまた とっても素敵なメッセージが 添えられているんですよ。

ぜひ いちど、 お店(ネットショップ)に あしを 運んでみてくださいね。


○ nazunaちゃんのお店は、こちら
○ ブログは、こちら


2009.5.11

ホリスティック・マッサージ 練習開始 〔ふんわりすとのひとりごと〕


ホリスティック・マッサージのモニター施術を 開始しました。

まずは 全身に触れることに関して 慣れる必要があるため、
お友達に モデルを お願いしています。

ふだん、リフレクソロジーで 触れるのは、足裏~ふくらはぎ だけですし、
肩から上の ぷちっとマッサージは、 服の上からですから、
上半身の肌に 直接 触るのは、ちょっと どきどきします。

やはり、講習会のときのようには 上手く いかず、
あれこれ つまずきながらも、ひととおり 練習させてもらいました。


私のリフレクの常連さんでもある、初回モニターのお友達の感想は・・・
「 やっぱり 足裏は上手だなぁ、と 思った。」

途中、ほんの少しですが 足裏へのアプローチが あったのと、
最後に ‘なんちゃってリフレク’ (ほんの10分だけのリフレクソロジー)を
サービスさせてもらったので、この お言葉をいただいたのですが。

裏をかえせば・・・ ×××


ま、まだまだ 始めたばかり。
練習を積んで、精進します。

新しいことに チャレンジするのは、
どきどきするけれど、楽しくもありますね。

慣れてきたら、こちらでも モニターさんを 募集するつもりです。
そのときは よろしく お願いします。


2009.5.13

初のサプライズ☆セッション 〔QT〕


きのうは、クォンタム・タッチの、
サプライズ☆遠隔セッションを させていただきました。

クォンタム・タッチのエネルギーは、
受け手の方が、「受け取る」ことを 意識していなくても、届きます。

だから、セッションのために 時間を 合わせる必要はないのですが、
やはり、「キテます! キテます!」 と 感じたい・・
と いうのも、ありますよね。


そこで、遠隔モニターのお申し込みを いただいたときには、

・ 日時を 打ち合わせした上で、
セッション前後に 携帯メールで 「開始・終了」を お知らせする

・ 打ち合わせはせずに、私の都合のよい時間に、開始する。
(= 「サプライズ」と 呼んでいます。
サプライズの場合でも、セッション前後に ご連絡することは、可能です)

どちらがいいか、お選びいただいています。


今回の モニターさんは、初の 「サプライズ希望」で、
なおかつ 事前の連絡も不要、ということでした。

なので、ホントに 私の都合のいい時間に、いきなり、勝手に、
開始させていただきました。


今回は、音楽は 流さず、
香りの要素を 取り入れてみることに。

当初、ペンデュラムで 精油を選び、
それを アロマディフューザーで 飛ばすつもりだったのですが、
セッション開始 数十分前・・・

一瞬、鼻腔に、ナグチャンパ の香りが 飛び込んできました。

たしかに、部屋には ナグチャンパのお香が置いてありますが、
ここ数ヶ月、使っていませんから、残り香では ないんです。

気のせいかしら? とも 思ったけれど、
これも 直感からのサインであろう、と 受け取り、
ナグチャンパのお香を 焚くことにしました。


今回は クォンタム・タッチの受講を検討されている方でしたので、
ごくごく、オーソドックスに・・・

要所要所を 重点的に、なおかつ 全身を循環させるように、
エネルギーを 送りました。

その後、各チャクラを回転させながら送る、というのも やりました。


身体のある箇所で、 とつぜん
私の手のひらが ピリピリしだしたのが、興味深かったです。

特に モニターさんの お身体の状態と
シンクロしていたわけでもなさそうでしたが・・・

ここで 足裏を 触らせていただければ、 すぐ わかるのに ! (笑)


今度は、リフレクソロジーの施術の前に
全身の エネルギー・スキャンをさせていただいて、
足裏の反射区の状態と照合してみる、ということを やってみようかしら。


クォンタム・タッチ、引き続き
遠隔モニターを 無料で おこなっています。

「受けてみたい」という方は、お気軽に ご連絡くださいませ~


2009.5.14

ひとりひとりに海がある 〔Fullbody〕


きのうは、また 別の友人に、
ホリスティック・マッサージの練習モデルに なっていただきました。

今回は、前回から あまり間があいていなかったこともあり、
わりと自由に スムーズに、私の身体が 動きました。


今回は、以前 学んだ コンシャス・タッチのスキルも、
背中部分を中心に いくつか 織り交ぜてみたら、これが 大好評!

とても 仲の良い友人なので、

これは、どう?
こうしたら?
これって、痛い?

などと、遠慮なく、あれこれ 試させてもらっているうちに、
もう、わくわく 楽しくなっちゃって・・・ ♪


ホリスティックマッサージ + コンシャス・タッチの エッセンスを 組み合わせ、
なめらかでありながら 必要な箇所には ぐっと 入る、
新しいマッサージを つくっていけたらいいな、と 思います。

コンシャス・タッチのスキルに関しては、昨年 講習会へ出たきり、
足の部分以外は 使わないままになっていたのですが、
それが ここで 活きてくるとは!?
興味を持ったものなら なんでも、学んでおくものですね。


モニターのお礼も兼ねて、
最後は 10分間の ぷちぷちリフレクで しめくくります。

全身が すでに リラックスしている状態ですので、
リラックスメニューは省き、内臓の反射区を中心に、ちょっとだけ。

時間は短くても、リフレクは 身体の内部に効きますから、
受け手側の充実感は かなり アップするようです。


今回も、とても 興味深い体験を させていただきました。

ボディの最後は 頭部のマッサージなのですが、
ある部分に じっと 手を当てていたとき、こんなことに 気づいたのです。

ひとりひとりの中に、海がある。
ひとりひとりの中で、波が 寄せては 引き返し、命が 宿っている。

モニターさんの中に存在する「海」を 感じ、
ともに 波に 揺られた、心地よい 数分間でした。


終了後、モニターさんからは
「パンツ(ズボン)が ゆるくなっている!」 という 嬉しいお言葉

詳細なる ご感想も いただきました。
また 後日、ご紹介します。


私、やっぱり、触るの、好きだなぁ

実際の練習台として ボディを お借りしただけでなく、
私の内面まで 活性化していただけたようで、
終わったときには、私の方が、肌ツヤ アップしていました (笑)

どうもありがとうございました。


ホリスティック・マッサージ のモニターさん募集、
来月あたりから 始めま~す。

触られるのが お好きな方、ぜひ ご協力 お願いします。



2009.5.15

ホリスティック・マッサージのご感想 〔お客様のお声〕


きのうの、身体の中に「海」を感じた モニターさんが、
とっても 嬉しい ご感想を、送ってくださいましたので、ご紹介しますね。
(ちなみに、文中の 「たばちゃん」= funwarist 私のニックネームです。)


今日は、改めて極楽のマッサージをどうもありがとう(^^)!
お世辞抜きに、気持ちよかったです~。

リフレクの時もそうだけれど、
お客さんと向き合う時のたばちゃんの姿勢って、
本当に温かくて、「愛」を感じるのよね~。

手をかざしてもらっただけで、ふうっと身体の力みが抜けて、
安堵感に 浸れます。

これって、やっぱり たばちゃんの才能だと思います♪♪♪

終わった後の、たばちゃんのすがすがしく、つやつやのお顔も、
最高に可愛かったですよん。


以下、モニターとして 感じたことを 簡単に お伝えしますね。

まず、全体として、本当に気持ちよかったです!

特に、たばちゃんの 指が、そこ!っていうポイントに ぴったりはまって
凝りをほぐしてくれる感覚が、とても心地よかったです。

無理やり 押したり もんだりせずに、
こちらの身体のリズムに合わせて 力を入れたり抜いたりしてくれるので、
しっかりした強さのあるタッチなのに、痛かったり、摩擦を感じたり、
強引な感じがしたりすることが 一切なくて、とてもリラックスできました。

また、マッサージの区切り(?)のようなところで、
時々 身体に 手を かざしたり、一箇所に 手を 乗せたたまま、しばらく
じっとしていることがありましたが、それが最高に気持ちよかったです!

手から温かいものや、いいエネルギーが じわじわ 放出しているのが
感じられました。


身体も、それに合わせて呼吸が深くなったり、 緊張が 自然に 解けたりして、
たばちゃんの優しさや 愛を たっぷり受け取りましたよ~。


それに プラス、リフレクや、腕まわし(?)など、
たばちゃんオリジナルの要素を 取り入れてくれたことで、
一層 身体の隅々まで ほぐれた気がします。

マッサージの中に リフレクが含まれていたので、それと比べると、
全身マッサージの方は、やはり 経験が 浅い感じは 受けました。
 (あくまで、比較の問題よ)

が、それは、これから 回数を重ねれば よいことだと思うので、
自信をもって経験を積んでいってね。


・・・ とのことでした。


どうもありがとうございました

今回、本当に さまざまなことに、トライさせていただけました。

「その動作は、ココに 効いている」
「もっと 強くても 大丈夫」
「あ、こっちの方が 私は 好き」

など、 身体で感じていることを そのまま 口にしてくださいましたので、
施術者として 本当に 勉強になりました。


自分で 自分に施術できれば、
力加減や 触られ心地などのチェックが できるんですけど、
こればっかりは・・・ねぇ (笑)

ご感想にもある通り、まずは 「触り慣れ」することが 第一ですので、
どんどん 経験を 積んでいきたいと 思います。


来月あたりから、ホリスティック・マッサージの モニターさん
募集開始する予定でいます。

平日の夜を中心に、ぼちぼち ゆっくりと すすめていくことに なりそう
ですが、お時間ある方は、どうぞ お付き合いくださいね。


2009.5.16

サイレント・タッチ 〔Fullbody〕


きのう ご紹介しました、
ホリスティック・マッサージのモニターさんからの ご感想より。

また、マッサージの区切り(?)のようなところで、
時々身体に手を かざしたり、一箇所に手を乗せたたまま しばらくじっとしている
ことがありましたが、それが最高に気持ちよかったです!


この、 「一箇所に手を乗せたまま じっとしている」 というのは、
ホリスティック・マッサージの 手技のひとつです。

ホリスティック・マッサージでは、施術に入る前に、
「これから、ここを やりますよ~」 と、
身体の 各部位に ごあいさつを するんです。

背中や足など 面積が広い部分は、 長いストロークで 手をすべらせ、
狭い部分では、手を すべらせる代わりに、そっと 手を 置きます。

そして、その箇所の施術が終わるたび、
再度 手を すべらせたり、手を置いたりして、
「これで ここは 終わりですよ~」 と、 ごあいさつを します。

これは ‘統合’を意味する動作でも あるのだそう。


また、この手技は、 コンシャス・タッチでは、
‘サイレントタッチ’と 呼ばれていて、
「相手を 感じる」 というような意味で、使われていたと思います。
(うろ覚えです、ごめんなさい)


ホリスティック・マッサージにしろ、コンシャス・タッチにしろ、
マッサージという領域ではあるものの、
いちばん 大切なのは、
「相手を感じる」 「相手と ともにいる」 という感覚。
・・・ のように 思います。

それを代表するのが、この サイレント・タッチ なのでしょうね。

私の場合、このタッチにも、たぶん 無意識のうちに
クォンタム・タッチが 加わっているので、
モニターさんが 温かみを 感じられたのかもしれません。


何度も言いますが (笑)
ほんと、興味があるものは、学んでおいて、損は ありませんね。


このほかにも、肩や 肩甲骨周辺の凝りを ほぐすため、
コンシャス・タッチの手技を いくつか 取り入れてみたのですが・・・

それに プラス、リフレクや、腕まわし(?)など、
たばちゃんオリジナルの要素を 取り入れてくれたことで、
一層 身体の隅々まで ほぐれた気がします。

と、気に入っていただけたようですので、
これは さらに 研究を 重ねたいと 思います。


実際に やってみると、新しい発見が たくさんあり、
やはり 経験って 大切ですね


これから、いっぱい いっぱい いろんな身体を 触らせていただいて、
たくさんの つながりを 感じていきたいです。


2009.5.18

サイキック・マッサージ 〔サイキックマッサージ〕


きのうまでの3日間、
サイキック・マッサージの 入門編に 参加してきました。

今後 さらに、週末を3回使っての9日間のトレーニング
パート1 へ 進みます。


そもそもの きっかけは、マスター・ズタッチ という
サイキック・マッサージについて 書かれた本でした。

なにげなく 読んでみたら、
これが 禅に通じるところがあり、とっても おもしろい!


サイキック・マッサージに 興味を 持ったものの、
そのためには、まずは 全身のマッサージが できることが 前提です。

そんなわけで、
先月、ホリスティック・マッサージのコースを 受講したのでした。


マッサージを通して 他人を知ることが、自分を 知ることになる。
反対に、自分を知ることが、他人へのサポートともなり得る。

まったく 初めてのことで 不安もありましたが、
この入門編は、とにかく チャレンジ・チャレンジの3日間。

それでも、とても楽しかったし、
自分を見つめる機会あふれる 貴重な学びの場、となりました。


初日の朝、ひとり1枚ずつ、禅タロットを 引きました。
私が引いたのは、「強烈さ」という カ-ド。

そこに描いてあった絵は、光へ向かって 突き進んでいく姿
というように、私には 見えました。

いままでとは まったく違う場、違う切り口からの 学びが 新鮮で、
これからが、とっても 楽しみです。


必要なものが 必要なときに やってくる、というのを
まざまざと 実感している、毎日です。


ありがとうございます。



2009.5.22

居心地よく整えること 〔Fullbody〕



なんでも そうなのかもしれませんが、
ボディワークの講習では、「セッションを受けるのも 練習のうち」
と、よく 言われます。

受ける側を体験することで得られる、
施術側とは違う視点からの学びが あるんですよね。


今日から また、
3日間の サイキック・マッサージのトレーニングが 始まりました。

今回の 私のパートナーさんは、
施術前に 「居心地よく 整える」 ということを
とても 大切にされている方でした。


身体の上に掛けたシーツを 軽く ひっぱって、きちんと そろえる。
体温が下がらないよう、施術と関係ない箇所に 毛布を かける。

クッションの位置を、さりげなく 調節する。

などなど、ひとつひとつは ちょっとしたことなのですが、
それらを ていねいに やることで、受け手の 「大切にされている」
という印象が ぐ~んと アップするんだ、ということを 体験しました。

また、そういう時間をとることで、お互いの緊張がほぐれる、
というメリットも あるようです。


そして、なんといっても、手が 温かくて、キモチいい!

最初に触ったときに ひんやりとしないよう、
手を こすり合わせて、温めてから 施術に入っているんですって。

私は、実際の施術のことで アタマが いっぱいになって、
その前の段階のことは ついつい おざなりになってしまいがち。

なので、こういう 細やかな心遣いが とても 勉強になりました。

とにかく いろんなことを、たくさん 吸収してこようと 思います。


ありがとうございます。


2009.5.24

エナジー・リーディング 〔サイキックマッサージ〕


サイキック・マッサージでは、施術前に
レゾナンス・チェック と エナジー・リーディング というものを やります。

エナジー・リーディングというのは、
文字通り、チャクラのエネルギーを リーディングすること。


リーディングなんて、特別な能力を持っているひとだけが
できることなんじゃないの!?

ずっと そう 思っていたのですが、
よく言われるように、本来は 誰にでも できるものなんですって。


サイッキック・マッサージにおいては、
リーディングのしかた、というか、タイプが 4つ あるそうです。

・ 見える (画像が浮かぶ)
・ 聴こえる(言葉が聴こえる、言葉で 出てくる)
・ 感じる (身体に 反応が出る)
・ ただ、わかる

私は まだ 始めたばかりで
自分のタイプが つかめていないのですが、
「感じる」 と 「ただ、わかる」 の 混合かもしれません。


きのうは、チャクラを ひとつ選んで リーディングする、
ということを 何度か やりました。

どのケースでも、
受け手のチャクラに 手を かざしているだけで、
自分自身の身体が ゆらゆら 揺れたり、動いたりするのを 感じました。

それで、「これ、なんだろう?」 と 自分に問いかけてみると、
ちゃんと 答が 出てくるんですね。

ひとつ ひとつ、連想ゲームのようにして、つなげていきます。


まだ 慣れていないので、途中で 止まってしまったり、
お伝えできる段階まで 言葉に翻訳できなかったりすることも
あるけれど、ほんと、単純に、おもしろい!


先週 初めてやってみたときには、
今回のように 身体全体が 動く、というよりも、
手で キャッチしたなにかについて 言葉が どんどん出てくる、
という感じでした。

それって、銀のはちみつ物語 を 書くときの感覚と よく 似ているんです。
そんなところで、練習を 重ねてきていたんですね♪


今日は、いよいよ 足のリーディングに 入るのだとか。

足は もちろん 大好きなパーツで、 触り慣れてはいるものの、
いままでは、エネルギーよりも、老廃物に 焦点を当てていましたから(笑)
どうなることでしょう?


自分自身のチューニングの大切さを 実感してる毎日です。

さてさて、第2クールも今日が 最終日。
楽しんで、学んできます


2009.5.25

男性性と女性性 〔Fullbody〕


きのう、サイキック・マッサージのトレーニング中に、
とても おもしろい体験を することができました。

私が 受け手となり、
両足のリーディングを してもらっていたときのこと。


まずは 左足。
施術者のエネルギーが、とても心地よく、温かく伝わってきました。

左足は、女性性です。
いまの状況を とても楽しんでいるのが、わかります。


一方、右足の方は・・・

同じひとに触られているのに、
右足に感じるものが、なんとも 落ち着かないのです。

そのうち、だんだん 怖さを感じるようになってきました。

右足は、男性性。



そのとき、ピンと きました。

セッション前に、issue(セッションで扱う課題)として、
あることに関する怖さがある、というを 話していたのです。

私は、特に はっきりと、意識していたわけではないけれど、
「怖がるのは女性性」とばかり 思っていたようです。

だけど、そのことを 怖いと感じ、境界線で 足踏みしていたのは、
実は 私の中の男性性だったのだ、ということに、
そのとき 気づきました。


男性にも、女性にも、ひとりの人間の中に、
「男性性」と「女性性」が 両方存在しています。

お互いが バランスよく 存在していればいいけれど、
問題を感じているときには 特に、自分の中の どちらかを、
無意識のうちに 無視していることが ありがちです。

そんなとき、その存在に 気づいてあげるだけでも、
ずいぶん 身体が 楽になるんですって。


朝、 みんなで 2枚ずつ 引いた 禅タロット。

私のカードは、

女性性用 : HEALING
男性性用 : BURDEN

↑ うろ覚え。 重い荷物を背負っている絵のカードです。


私は、自分の中の女性性・男性性の表面しか 見ていなかったのだな、
ということにも、そのセッションで、気づきました。

男性性が 背負っていたのは 社会的なこと だけでなく、
感情面でも いろいろ 黙って我慢していたことが あったのですね。

施術する側としても、受け手としても、
自分の成長度に応じて、本当に たくさんの学びが あります。


今日は、ホリスティック・マッサージの モニター施術。

少しだけ、サイキック・マッサージの要素も取り入れようかな、
と 思っています。


いまのところ、友人限定で モニターを お願いしていますが、
そのうち、こちらでも 募集を 開始します。

私自身の空き時間が 少なくて、
なかなか 具体的に進められないのが 残念です。

様子を見ながら、ぼちぼち やっていきますので、
そのときは どうぞ よろしく お願いします。


2009.5.26

与作 あらわる!? 〔サイキックマッサージ〕


エナジーリーディングは、ほんと、おもしろいです。


先日のトレーニングコースでは、
ひとりのチャクラを ふたりが 別々に リーディングする、
という ワークを 経験しました。

Aさんのチャクラを、
Bさんと 私が それぞれ リーディングします。

Bさんは、視覚タイプ。
手をかざすと、脳内スクリーンに 映像が 映し出されるのだとか。

映像で 出てこない私からすると、
「わかりやすくていいな」と 思うのですが、
Bさんいわく、「それを 言葉で あらわすのに 苦労する」 とのこと。


私は、体感覚&「ただ わかる」の 混合タイプ(たぶん)。

なにかを キャッチすると、
自分自身の身体が 動いたり、感覚が 変化したり、
ただ ふっと ひらめいたことが 言葉になったりします。

今回のケースでは、Bさんが 見たのは、海 でした。
私が 感じたのは、波 でした。

ふたりで 自分の得たものを シェアしあったときには、
お互いに びっくり☆


詳しい内容を書くことは 控えますが、
ふたりが そこから 受け取ったメッセージも、同じ。

そして そのメッセージは、
Aさんが 最初に お話された issue (セッションで扱う課題) に、
ぴったり 沿うものでした。

意識に のぼってくる前に、
身体は ちゃんと わかっているのですね。


また、その翌日のワークでは・・・

右足のリーディングを 始めて しばらくすると、
♪ 与作は 木を 切る~ というメロディが
アタマの中に響いてきました。


しばらく 追っていくと、「与作」の意味するところは、
「日々の生活に根付き、地道に しっかり やっている」
というようなこと、と わかりました。

が、それが 与作となって あらわれるとは!!(笑)


とにかく もう 楽しくて、やるたびに、
いろいろな わくわくする経験を させていただいています。


リーディングは、読む側のフィルターのかかった解釈ですから、
その結果は、 ひとによって ぜんぜん 違う、
ということも、もちろん、 あります。

リーディングで どのような結果が 出ようとも、
それを どう受け止めるか?は、 受け手の選択によるものであり、
それを どうしようと、受け手の自由です。


「当てる」 のでもなく、「斬る」のでもなく。

エゴから 離れた 中庸な位置からの、
真のサポートとなりうる 的確なリーディング、そして 伝え方を、
学んでいきたいと 思っています。


2009.5.27

暗闇の中から 〔サイキックマッサージ〕


サイキック・マッサージでは、身体に 直接 触れるだけでなく、
エネルギーなどの 見えない領域も 扱います。

最初に そのひとの状態を測るために チェックする
‘レゾナンス’ と 呼ばれるものは、
初心者にとっては 判断に迷う、とても 微妙なもの。


10年以上 やっていても、たまに わからないこともあるんだから・・・
(始めたばかりのあなたが わからなくても、落ち込むことはない!)

と 笑われるくらい 難しいものなのですが、
やはり 「わからない」というのは 自分にとっては 厳しい状況。

アタマの中が、ちょっとした パニックになることもあります。


また、先日のトレーニングコースの あるセッションでは、
いつもなら 途中までは 必ず出来るはずの リーディングが
そのときに限って まったく なにも 出てこない、という状態になりました。

自分が 暗闇に包まれたような、泥沼に引きこまれるような、
大きな不安と 焦りを 感じます。


そんなとき。

トレーナーである まてぃさん に
「触ることで 落ち着くタイプのひと(施術者)も いる」 と言われ・・・

「こうなったら、直感で やってみて!」 と、
その他の具体的なアドバイスとともに、送り出されました。


実際、事情を聴いてみれば、
そのときは、特殊なケースだったようです。

泣きそうになりながらも (実際、うるうるしていました ・笑)
とりあえず マッサージに入ってみましたら。

なぜか、本当に 落ち着きました。


大切に、大切に そのひとを扱い、
身体からの ほんの小さなひとことでも 拾い上げられるよう、
手の感覚に 意識を 集中させました。

決めたのは、「 ここに あなたと一緒に いる 」 ということだけ。


手順や テクニックは あえて 放棄して、
自分のやりたいように、触れたくなったところを 触れる。

気になった箇所には 好きなだけ そこに とどまり、
思いつくまま、ある意味 やりたい放題、やらせていただきました。


すると・・・

いままでは 感じることのなかったものを、手のひらを通して 感じる、
という 新しい体験をすることが できたのです。

チャクラ や 両足では 出来なかった リーディングも、
マッサージをしているうちに、身体の別の箇所から 自然と
情報を 読み取ることが できました。


結局、そのワークで試みるべき本来の課題は こなせなかったものの、
私にとっては とても大きなものを得られたセッションと なりました。

そして、それを得たことで、
さらなる 私の‘いつものパターン’を 見つけることにも なりました。


いまの段階では、私に いちばん 必要なものは、
テクニックではないし、レゾナンスがわかることでもない。

相手と ともに いること。
共鳴が得られなくても、ひとりで楽しめること。
そして、マッサージをしながらも 自分の内側に焦点を 当てつづけること。


「正しくやること」 に 一生懸命になりすぎて、
セッションが 始まると、ついつい 忘れてしまうことばかり。

今回は、 「私には どうにもできない」 という 自分の無力さを 受け入れ、
得られるべき結果を 手放したことで、
それよりも もっと もっと 大切なことを 体験することができたようです。


起こるべきときに、起こるべきことが 起こっている。


経験って、本当に 大切ですね。

何度 本を 読んでも、
どれだけ ひとから 伝えられて 理解していたつもりでも。

自分で 体験すること以上の
真の理解へ たどりつく方法は、ないんですもの。


トレーニングコースは、
ひとつ飛ぶごとに 高く 積み上げられていく 跳び箱を、
へろへろになって 飛び続けているような 毎日です。

暗闇の中から 光を 見つけると、
その存在に気づいただけで、光は 自ら 広がっていく。

私の現在の理解では、
サイキック・マッサージとは、そういうプロセスを サポートするもの。


そのプロセスを、トレーニングを通し、
自ら 体験しているような気がしています。


ありがとうございます。


2009.5.28

肩甲骨が痛いとき 〔ふんわりすとひとりごと〕


肩甲骨が、痛いとき、って。

もしかしたら。
ハートが、開きたがっているのかもしれません。
↑ ちょっと 日本語、変だけど。

いえ。
ただ、なんとなく。

そんな感じが、しただけです (笑)


でも。

肩甲骨のコリを ほぐすために、
腕や肩を あれこれ やっている動作って。

胸は、自然と、開くでしょ?


ほんとの ほんとは・・・

ハートが 自由になりたくて、
肩甲骨に ちょっかい だしているのかもしれません。


むかし、ココに 羽根があったことを、思い出して!
ほんとは 自由に 飛びたいの!

肩甲骨の痛みは、
そんな、ハートからの メッセージだったとしたら。

・・・どうします?



2009.5.29

ハートの外側に 〔FUllbody〕


私のやっている ホリスティック・マッサージ や サイキック・マッサージは、
パンツ一丁で(笑) シーツと シーツの間に 横になっていただきます。

背中、お尻、あし、上半身の前面(胸、おなか)など、
一部を その都度 出して、クリームや オイルを 使って 施術し、
施術する部分以外は、シーツで 覆っておきます。


先日 モニター施術を させていただいたのは、
ふんわりフレクソロジーの常連さんでもある、親しい友人。

当初、胸を出すことに 抵抗がある ご様子でした。

それは、そうです。
私だって、最初、ものすごく びっくりしましたし、
イヤだな~って 思いましたもの。


ですので、今回は 「胸は オプション」ということにしておいたのですが、
友人も、「せっかくだから・・」ということで 思いきってくれて、
体験してみていただきましたら・・・

「キモチいい~」 と、とても 気に入ってくださいました。


胸が開く、楽になる、というのでしょうか。

胸も、意外と 凝っていたりするんです。
肩と つながっていますから、当然といえば 当然なんですけどね。

具体的には、トップに エネルギーを集めたり、
胸を触ることで、その下の 肋骨へ 働きかけたり・・・
ということを、しています。

ほとんどのモニターさんが おっしゃっているのは、
「実際に 施術されてみると、やってよかった!と思う」 ということ。


私自身、 抵抗ある派 なので (笑)
「デリケートな部分を さらけ出させるのは、申し訳ない」
という気持ちが あります。

でも、 特に、最初は 抵抗を示されていた方から
そういう声を 聴かせていただけると、とても 嬉しいですね。


マッサージ慣れされている方は 別として、
一般的に、胸を出すことに関して 抵抗を感じる方は 多いでしょうから、
私も、悩み、考えました。

でも、胸は、ハートチャクラとも 関係する箇所です。

また、胸から おなかにかけての 長いストロークには
「統合」の意味も ありますから、思う存分、やりたいところ。


シーツを 掛けたまま、施術できないかしら?
タオルを 掛けて、両肩で 挟んでみたら?

モニターさん相手に あれこれ 試してみましたが、どれも、×

手をすべらせていくうちに、どうしても、
上に掛けたものが はだけてしまうのです。

・・・あきらめました。
胸を隠したまま 触るのは、あきらめました。

私も あきらめましたので、
あなたも あきらめてください (笑)

だまされたと思って、胸、出してみてください (*^_^*)


6月から、
ホリスティック・マッサージの 一般モニター施術を 開始します。

詳細は また 後日 アップさせていただきますね。


ご興味のある方は、
優先的に ご案内させていただきますので、ご連絡くださいませ。


ありがとうございます。


milk_btn_pagetop.png

milk_btn_prev.png

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|

milk_btn_next.png